親権・監護権で争いたい方へ

配偶者と離婚することが決まった時、そこに未婚で未成年の子どもがいる夫婦の場合は必ずどちらが親権を持つかを決める必要があります。
夫婦間での話し合いで決まれば良いのですが、家庭裁判所で調停や訴訟となることが多いのがこの親権、監護権の問題です。 

ちなみに監護権とは親権の一部である親が子供のそばで世話や教育を行うことを指しており、ほとんどの場合親権者と監護者はおなじですが、まれに親権を持っている父親が出張などで不在がち、などの理由で父親が親権を、母親が監護権をもっているというケースもあります。
この親権問題ですが、母親側が親権を持つケースがほとんどですが、父親が親権を得ることができたという事案もございます。 
妻側のこれまでの養育環境や養育態度、心身の状態によって夫側が親権者として指定される場合もありますので、父親だけど親権を得たいとお悩みの場合にはご相談ください。 

子どもが幼い場合には特に母親側が親権を持つ事案が多くなりますが、共働きなどで夫婦ともに世話をしていたような場合では判断が難しくなることもしばしばです。

逆に、離婚はしたいけれどもし親権が認められなかったらどうしようとお悩みの母親の方からのご相談も多くいただいております。
ご依頼者様のケースではどういった判断をしたら良いのかなど、当事務所では初回無料相談を行っておりますので、こちらを利用してなんでもお尋ねください。

親権を得るためには子どもに対する愛情が必要なのはもちろんですが、それ以外に肉体的、精神的に健康であるか否か、子どもを養う経済力があるか、子どもの年齢、大きな子どもの場合には子供の意思などを考慮しながら親権者を定めることとなります。
 そのため、心身共に健康で自分が配偶者よりも子ども第一で過ごしてきたというようなケースなら良いのですが、子どもに対する愛情は夫婦ともに差異がない、自分側の体調が優れない、配偶者側が経済的に安定しているなどで裁判に不安を抱えている方はお力になりますので、お話をお聞かせください。

一度決まってしまった判決を覆すことは難しいですから、最善の準備をし、話し合いに臨みましょう。

また、どちらかの不倫や浮気など、離婚の原因である側であっても親権を持つことは可能です。
調停や訴訟の場では離婚理由と、子どもが育つ環境は別だと捉えられることが多いからです。
 話し合いの場ではなによりも自分が親権者にふさわしいことをアピールする必要があります。
そのための証拠集めなど、まずはなんでもお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.