債務整理(借金整理)の種類と特徴

ここでは債務整理の種類や特徴について、詳しくご説明していきたいと思います。

借金についてのことを債務整理と一言で表すことが多くありますが、この債務整理の中には任意整理、個人再生、自己破産の3種類があり、言葉だけでは内容がピンとこない方も多いかと思います。
自己破産や個人再生での借金整理は法的整理と呼ばれています。
その逆で債権者と個別に話し合いを行い、月々の返済額を見直すことや、返済期間の延長、利息の減免などで払うことのできなくなってしまった借金を現実的に返済可能な形へと組みなおす手続きを任意整理と呼びます。

任意整理に向いているのは借りている債権者の数が多くない場合や、債務の総額がそれほど多くないようなケースです。
安定した収入があることも条件となります。 
任意整理では裁判所を通すことなく、私ども弁護士などが間に入り、交渉をいたします。
元本のカットは難しいですが、督促が一旦止まりますので精神的に楽になれるというメリットや、利息を払い過ぎていた場合には過払い金としてお金が戻ってくる可能性があります。 

次に個人再生ですが、現状では借金を返すことができなくなってしまったものの、借金の元利金を一部カットしてもらうことで、今後の定期収入の中から一定期間内に完済が見込めるケースで行うことのできる手続きです。
こちらも、安定した収入が条件となります。
同じ法的整理である自己破産との大きな違いは、住宅ローンを支払中の住居や、車、20万円以上の価値のある資産などを手放さなくとも良い点です。
住宅ローンを除く借金の総額が3000万円未満であり、住宅は手放したくないというご依頼者様に向いています。 

最後に自己破産ですが、借金を支払うことができなくなってしまった際に、自分の財産の限度で借金を支払うこととする手続きです。
このため、住宅や車、20万円以上の資産は手放す必要があり、99万円以上の現金も支払いへと充てることになります。 
その上で残ってしまった借金は「免責」を受けることで支払い義務がなくなり、その後は借金から解放されます。
自分の財産を上回る借金を抱えてしまったという人に向いている手続きです。
また、自己破産の場合、株式投資での失敗やギャンブルでの借金など「免責」が受けられないケースもございます。 

ご依頼者様の借金整理にはどの方法が向いているのかや、債務整理について分からないことがございましたら、初回無料相談、無料見積もりをお出ししておりますので、お気軽になんでもご相談ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.