債務整理,任意整理のメリット・デメリット

債務整理の中には、任意整理という方法があります。
任意整理とは、法的整理である自己破産や個人再生ではなく、債権者と個別に話し合うことで月々の返済額を見直したり、返済期間を延ばしたり、利息を減免するなどして現在抱えている借金を現実的に返済可能な形へと組み直す手続です。
自己破産や個人再生のように借金の元本がカットされることはありませんが、法的整理に比べデメリットが少ないこともあり、任意整理を考える方は多くいらっしゃいます。債権者の数が少ないケースや、借金の総額がそれほど多くない場合にはこの任意整理を行うことで、現在よりも楽に返済していくことができるようになります。

それではこの任意整理のメリット、デメリットをみていきましょう。

任意整理のメリットとしてはまず、借金の残高を圧縮できるという点が挙げられます。
利息制限法という法律を適用することで、これまでに払い過ぎていた金利がある場合はその分を借金返済へと充当することができます。この借金圧縮により、残金を減らすことができます。
また、長期間にわたり利息を多く払っていたケースでは、すでに支払いは終わっていたという計算となる場合があり、このケースでは払い過ぎた金利を取り戻すことも可能です。 

任意整理では私ども弁護士が債権者とご依頼者さまの間にたって、話を進めていきます。
そのため、裁判所を通す必要がありませんので、手続きが非常に楽な点もメリットです。
 個人と個人のやりとりですから、就業に関する制限はありませんし、新しく見直した返済計画をきちんと守り返済してくことで、督促や、保証人への取り立ては起きません。
裁判所からの通知がくることもありませんので、同居している人間に債務整理のことを知られることもありません。
任意整理のデメリットとしては、ブラックリストに名前が載ることくらいでしょう。とはいえ、任意整理を考えている段階で、借金の返済が遅れてしまったことによりブラックリストに名前が載ってしまっている可能性が高いですから、デメリットというほどの問題ではありません。

ただし、任意整理はあくまでも個人間のやりとりですので、債権者が応じてくれないケースもございます。
この場合には、最寄りの簡易裁判所へ特定調停を申し立てることも可能です。
 特定調停では調停委員が双方から事情を聞き、債権者から資料を提出させた上で、公正な解決(調停)に向けた仲立ちをしてくれますので、債権者との話し合いが円滑に進まない場合でも諦める必要はありません。
特定調停では払い過ぎていた金利を取り戻すことができないなどのデメリットもありますので、最初は任意整理をめざし、不成立となった場合は特定調停を考えると良いでしょう。 

ご依頼者様のケースでは、どのような形で話を進めていったら良いのか、任意整理は可能なのかなど、詳しいことはお気軽にご相談ください。
初回無料相談、無料見積もりを用意してお待ちしております。

<

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.