交通事故で大切な方を亡くされた方へ

もし突然の交通事故で大切な方が亡くなってしまったら、残されたご家族の方は悲しみにくれる毎日かと思います。
交通事故のことを一日も早く忘れたいというお気持ちは大変よく分かりますが、一方で故人のためにも加害者へきちんとした賠償を求めていくことも大切です。 一家の大黒柱であるご主人がお亡くなりになり、奥さまや子どもだけが残されてしまったような場合ではなおさらです。
この時、注意したいのが加害者側の保険会社が提示する慰謝料、及び被害者の方が生きていた場合に受け取れる予定であった逸失利益の金額です。 

加害者側の保険会社は少しでも支払額を少なく抑えるため、下限ギリギリの額を提示してくる場合がほとんどで、何も知らない家族がその金額を相場だと信じ示談書にサインをしてしまったというケースが多くあります。
加害者が加入している保険会社では、残念ながら被害者のために親身になるようなことはないと心得ておきましょう。 
このように、辛い心境のなかで適切でない賠償額を受け取ることのないよう、これから先残された家族が安心した生活を送っていくためにも正当な賠償金や逸失利益はいくらなのかをまずは把握することが大切となります。
 特にお子さまにかかる費用は今後大きくなることが予想されますから、現状だけでなく未来を見据え、きちんとした金額を求めることが必要となるでしょう。
被害者の方の年齢や職業、家族構成などによって賠償金の金額は変わりますので、ご依頼者さまの家庭のケースでは相場はいくらとなるのかなどはお尋ねください。 

配偶者や子どもだけでなく、被害者の方と内縁の関係であった場合や、被害者の方を父親や母親代わりとなり育ててきた祖父母の場合などでも賠償金を受け取れるケースもございます。
また交通事故で賠償金を受け取る場合では相続の問題が生じることもございます。
こういった相続の部分は難しいことが多くありますので、分からないことがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。 

交通事故で大切な人を失ってしまった時には、残された者は動揺してしまったり、普段と同じような行動ができなかったりというのは当たり前のことです。
このような非常事態にこそ、被害者のご家族にかわり書類の作成や申請、保険会社とのやりとりを行うのが私どもの仕事ですから、どうぞ遠慮なくなんでもお話しいただければと思います。 

当事務所では被害者の方のご家族の立場や心に寄り添って、真摯な気持ちで交渉にあたることを第一に心がけております。

まずはお気軽にご相談いただけるよう、お悩みの際には初回無料相談、無料見積もりの窓口を設けておりますのでご利用ください。

 

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.