弁護士に依頼するメリット

交通事故での慰謝料、賠償金請求では弁護士が間に立つことで多くのメリットがございます。
その中でも一番に挙げられるのが、人身事故などにかかわる慰謝料や賠償金を確実に増額できるという点です。
 交通事故での話し合いは、金額の折り合いでしか解決することができない問題です。
ところが、実際事故に遭ってしまった場合、加害者側の保険会社が最初に提示する金額というのは自賠責保険が基準となっています。
この金額は最低基準のものなのですが、これが相場だと言われその場では納得してしまい、後から泣き寝入りしてしまうことが多いのが交通事故の事案です。 

一方弁護士にご依頼いただいた場合では、訴訟までを視野に入れた対応をいたしますので、裁判実務でも採用されている弁護士基準、いわゆる青本や赤本によって交渉を行います。
こちらは自賠責保険よりも請求が高額なものとなります。

弁護士へと支払う費用を考えた場合でも、裁判ですと総損害額の1割が弁護士費用として認定されることがほとんどですから、弁護士費用を支払ったとしても手元に残る金額は大きいものとなります。
また、ご依頼者様の自動車保険に弁護士特約が付いている場合では、弁護士費用が300万円まで補償されますので、無料でご利用いただけるケースがほとんどとなります。

一部の保険会社では保険会社から紹介した弁護士でなければ特約は使えないといった話をする方もいるそうですが、資格を持った弁護士であれば誰でも使うことのできる特約ですので安心して納得のできる弁護士を選んでいただければと思います。

保険会社も交渉のプロですが、加害者側も弁護士で交渉をしてくるようなケースでは、慰謝料、賠償金増額のためにも確実に弁護士を利用しましょう。
金額面以外では、交渉になれた弁護士が間に入ることで、話し合いの場で相手から不利な条件を強引に突きつけられることがなくなります。 

私どもは、日頃から多くの交通事故でお悩みの方からご相談を頂いておりますので、保険会社がどのような態度で接してくるかを心得ています。
そのため、この事案ならいくらの請求が可能かを判断することができ、相手の物言いに翻弄されることもありません。事故に遭ってしまった身で保険会社とのやりとりを行い、さらに通院や入院の必要があるような場合では精神的にも疲弊してしまいます。

交通事故案件を弁護士に任せて頂くことで、ご依頼者様の事故後の健康を守ることにもつながるのです。

当事務所では、初回無料相談や無料見積もりのサービスを行っておりますので、気になることがございましたらなんでもご相談ください。

ご依頼者様から信頼してお任せいただけるよう、真摯に対応いたします。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.