債務整理,個人再生のメリット・デメリット

債務整理の方法の一つに個人再生があります。
個人再生という単語をあまり聞きなれない方も多いかと思いますが、2001年に始まった借金整理の方法です。
個人再生とは現状で借金の支払いが難しくなってしまった方の元利金を一部カットすることで、借金の額を大きく減らし、3年をかけて支払っていくのが一般的です。
自己破産のように借金をゼロにするわけではありませんが、決まった収入があり期間内に返済を行える方でしたら個人再生ならではのメリットがあります。
安定した収入があり、住宅ローンを除く借金の総額が3000万円未満である場合には個人再生が向いているといえます。

それでは、この個人再生のメリット、デメリットを詳しくみていきましょう。

個人再生のメリットとしては、返せなくなってしまった借金の額を返せる額へと大幅に減らすことができる点です。
さらに、自己破産とは違いマイホームや資産を手放す必要はありません。また、自己破産の場合ではギャンブルや株式投資での借金であった場合免責を受けることができませんが、個人再生では借金の理由が何であっても手続きを行うことができます。
職業の制限もありませんので、これまで通りの職種、もしくは必要に応じ好きな職業へと転職することが可能です。
手続きが終わればこれまで苦しまされていた督促もなくなり、精神的にも楽になれるでしょう。 

デメリットとしては5年から10年の間、ブラックリストに名前が記載されますので新しく借金をすることができなくなります。
こちらは借金の返済が難しくなっている時点でブラックリストに載ってしまっているケースがほとんどですから、個人再生を行うことによる影響はあまりありません。
次に、国が発行している官報に名前が記載されます。この官報も個人で購読をしている人間はほとんどいませんから、誰かに見られる心配はまずないといえます。 

最後に、一つ注意して頂きたいのが、個人再生の手続きで借金を減らすことができるのは手続きをした本人だけだという点です。
現在の借金に保証人がいる場合では、保証人への請求は継続することとなります。
そのため、配偶者が保証人であるようなケースでは、配偶者についても個人再生を行うケースもございます。
また、個人再生では手続きが煩わしいという点がありますが、個人再生の事案に慣れた私ども弁護士にご依頼いただくことで手助けをすることができますから、どのような流れで手続きを行っていくのか、何が必要なのかなどはお問い合わせください。 

当事務所では、初回無料相談、無料見積もりをお出ししておりますので、まずは一度ご相談いただければと思います。
ご依頼者様の借金返済が少しでも楽になるようお手伝いいたします。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.