後遺症のよくある事例と対処法

交通事故によるケガで後遺症が残ってしまい問題となるケースでは、「むちうち」「耳鳴り」「めまい」「カウザルギー」「RSD(反射性交感神経ジストロフィ)」「脊髄損傷」の症状がよく見うけられます。
聞きなれない病名もあるかと思いますので、ここではこれらのよくある症状と対処法をご紹介します。 

 

むちうち

むちうちは頸部捻挫,頸部挫傷といった病名をつけられることもある疾患で、交通事故の際首が大きく揺られることで様々な症状を引き起こします。首や肩、背中などの痛みだけではなく、頭痛やめまい、吐き気。手足のしびれ、耳鳴りなど被害者の方によって出てくる症状はまちまちです。
このような辛い症状が出るにもかかわらず、レントゲンなどの検査では異常を認めないことが多くあり、交通事故問題では争いになることが多い病でもあります。 
主な対処法としては整形外科でマッサージや電気療法、牽引を受けることとなります。

 

耳鳴り、めまい

交通事故で頭部に衝撃を受けた場合、むちうちでなくても耳鳴りやめまいの症状が出ることがあります。めまいや耳鳴りの症状が長く続き苦しい思いをしている被害者の方は多いのですが、こちらも目に見えない疾患だけに証明することが難しいと言われております。
治療は脳神経外科、神経内科の入っている総合病院の受診が良いでしょう。めまい、耳鳴りの専門外来を備えている病院が近くにある場合は受診をおすすめします。

 

カウザルギー、RSD

カウザルギーやRSDは特殊な疼痛として分類されています。ケガの傷が治癒した後も、痛みだけが残ってしまうというケースです。
カウザルギーは末梢神経の不完全損傷により発生するもので、RSDは細微な末梢神経の損傷が生じ、外傷部位に同様の疼痛が起こるものとして分けられています。その痛みは灼熱痛と呼ばれ、焼けるように痛く耐え難いという場合が多く、被害者の方にとっては辛い病です。
治療は薬物療法から始め、痛みがひどい場合にはブロック注射や理学療法、場合によっては手術を行います。 

 

脊髄損傷

交通事故の衝撃によって背骨に力がかかり、普段は背骨によって保護されていた脊髄が損傷を受けることで手足の麻痺や運動、感覚、自律神経、排泄などの器官に障害が生じます。傷ついた部位によって出てくる症状は様々です。
四肢の麻痺や対麻痺(下半身麻痺)で寝たきりになってしまうようなケースも少なくありません。
また、脊髄を含む中枢神経系一度損傷してしまうと修復されることがありませんので、現代医学においても決定的な治療法は存在していないというのが現状です。

 

このように交通事故では後遺症となる重大な病を抱えてしまうことがあります。
後から症状が現れるというケースも多くありますので、最初は症状がなくとも必ず医療機関を受診しておきましょう。

 

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.