後遺症が残りそうな方へ

交通事故によるケガで後遺症が残ってしまいそうな場合、後遺症の程度に応じた慰謝料を受け取ることができます。
また、本来であれば元気に仕事をし、受け取ることができるはずであった収入についても、逸失利益として賠償金を請求することが可能です。
後遺症の程度は1級から14級まで等級分けがされており、症状によって振り分けられます。認定された等級に応じ、慰謝料や賠償金の金額が決まっていくこととなります。
この後遺症ですが、例えば治る見込みのあるケガでしたらケガの症状がなくなった時が完治となります。ところが、治療を行っていく中で、今以上に良くならない、快方に向かっていかないというように体に症状が残ったまま治療を終了するような場合があります。
これを「症状固定」と呼び、この状態になってから後遺症の等級認定(後遺障害等級認定)が行われることとなります。 

どの状態を症状固定としたら良いかというのはケガの種類によって変わってきますから、医師の判断を仰ぐのが一般的です。
このように症状固定がされ、賠償金の金額を決定するために等級認定となった時、加害者側の保険会社が自動車損害賠償額算定会から事前認定を受けるというケースが多くあります。 

この時に気をつけたいのが保険会社は被害者の方のために少しでも良い等級になるような努力は行わないという点です。
書類や検査結果に漏れがあり、正当な等級認定がされなかったとしても、それを伝えてくれるような良心的な保険会社は一握りでしょう。
 加害者側の保険会社が事前認定を行うと、こういったリスクが生まれます。

もちろん、こうして出てきた事前認定の結果に納得がいかないような場合には異議申し立てを行うことができます。
異議申し立てでも不服のある場合には裁判所で認定を受けましょう。 

慰謝料や賠償金の金額を大きく左右することとなる後遺障害認定等級ですから、後悔しないよう納得のいく等級を受けることが大切となります。

ご依頼者様のケースでの等級の見込みや異議申し立て手続き、裁判所での認定についてなど、当事務所では被害者の方の気持ちに立ってお力添えいたしますので、お悩みがございましたらなんでもお気軽にご相談ください。
ご依頼者様の症状に見合う慰謝料や賠償金を手に入れましょう。 

また、等級認定では被害者自らが行う被害者請求を行うこともできますから、後遺症が残りそうだと分かった時点でまずは早めのご相談をおすすめします。

ご相談の際には、初回無料相談、無料見積もりをご用意しております。
交通事故問題に詳しい弁護士へ依頼いただくことで、問題の早期解決を目指していきましょう。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.