交通事故業務について

交通事故のご相談は男女問題や相続に並ぶ身近な法律問題です。

この交通事故問題では、保険会社が介入するケースが多く、被害者の方は巧みな話術や交渉力で示談書を書いてしまい、泣き寝入りとなる場合もしばしばです。
加害者側の保険会社はできるだけお金を払いたくありませんから、これまでの知識や経験を生かし、少しでも加害者にとって有利な条件で示談を進めようとするでしょう。
 被害者の方は、怪我や後遺症がある場合もございますし、精神的なダメージも大きいですからつい相手の話に流されてしまったという声も多く聞かれます。

万が一の事故に遭ってしまったら、すぐに示談には応じず、相手との話し合いの前に弁護士へとご相談ください。
早めにご連絡頂けることで、最初からご依頼者様に代わり話し合いの場に立つことが出来ます。 

交通事故対応では、示談書を書いてしまったらそれを覆すことは出来ません。
しかし、サインをする前でしたらいつでも話し合いに入ることが出来ますので、話がまとまってきたけれど納得がいかないといった場合にもご相談いただければ対応いたします。
ご加入の任意保険や損害保険に弁護士特約が組み込まれている場合には、そちらを利用することで弁護士費用を節約することができます。 

また、大きな事故であればあるほど、弁護士費用をかけた分慰謝料を多く受け取ることができたという例が多数ございます。
交通事故の中でも特に注意が必要なのは後遺症が残ってしまった場合の後遺障害等級の認定です。
こちらは金額が大きくなる事案ですので、保険会社側から等級見合わない金額で見積もられてしまうケースが多くあります。 

症状に合わせた慰謝料や賠償金が受けられない場合では、重い後遺症を患った上に十分な金額が得ることができず、その後の生活までを圧迫しかねません。
弁護士が間に立つことで、このような事態を防ぐことができます。 

当事務所では、被害に遭わせたご依頼者様のお気持ちに添って、正当な慰謝料や賠償金を受け取れるよう尽力いたします。
お怪我や精神的にまいってしまっている状態で交渉の場に立つことは大変ですし、事故のことを思い出すのが辛くて相手の保険屋の顔すら見たくないという方も多いかと思います。 

そんな時こそ、面倒な話し合いはプロに任せ、心と体をゆっくりと休めてください。

適正な慰謝料や賠償金を受け取るために、当事務所では初回無料相談、無料見積もりを行っておりますので、是非ご利用ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.