提示された慰謝料に納得出来ない方へ

交通事故の被害者となってしまった場合、保険会社を通して加害者と示談の話し合いをしていくのが一般的です。
ところが、自分が受けた被害に対して、相手の保険会社が提示する金額が低すぎてとても納得できない、といった話が多く聞かれ、当事務所でも度々ご相談をいただく事案となっております。 

保険会社は出来るだけ支払う保険金を低額に抑えようとしますから、提示してくる金額が低いのは当たり前です。
それに気付かず相場はこのくらいなのかと納得してしまう前に、弁護士の存在を思い出してください。 

交通事故の慰謝料請求では、弁護士が間に入ることで大きく増額できたという例が多くございます。
また、多数の事案を解決に導いている経験から、保険会社の相場ではなく、ご依頼者様のケースでの相場をしっかりと導き出します。 

具体的な金額は事故の内容やけがの程度によって変わってきますが、当事務所へとご依頼いただいたケースでの事例を2つほどご紹介します。

 

ケース1

被害者の方が交通事故でケガをし、3ヶ月間の通院を経て完治したというケースです。
この時、保険会社が提示した慰謝料の金額は40万円程度でした。
ところが、これはあくまでも保険会社の低額な基準であり、弁護士の基準では46万円~84万円の請求となります。つまり、保険会社の基準は弁護士基準の最低金額にも満たないということが分かります。
もちろん、私ども弁護士を利用していただく場合には、基準内でより増額できるよう話し合いを進めていきます。 

 

ケース2

交通事故によるケガが原因で後遺症が残ってしまったというケースです。
後遺症が残ってしまったような場合では、通院や入院でかかった費用や会社を休んだ期間についての補償だけでなく、後遺症がもたらすご被害者の方の今後についても慰謝料を支払ってもらう必要があります。
このケースでは、保険会社が事前認定といって加害者側の方で後遺症の等級認定を行っていました。その結果症状に相当とは言えない等級認定での慰謝料請求がなされてしまったのです。
被害者の方が弁護士を頼ってくださいましたので、私どもで後遺症のレベルと等級認定が相応しくないことを指摘し、慰謝料を大幅に増額することが出来ました。 

 

このように、交通事故の慰謝料請求では保険会社の言い分を素直に聞く必要はありません。その一方で、話術に長けた保険会社の人間との話し合いで自分の意見を通すことは大変でもあります。ですから、示談の場は交渉のプロである弁護士に是非お任せください。
精神的な安心と多くの慰謝料を手に入れるための糸口となります。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.