不貞(不倫・浮気)による慰謝料請求をしたい方へ

ここでは、男女問題、離婚業務の中で不貞(不倫や浮気)による慰謝料請求をしたい方へ、おさえておきたいポイントなどをご説明いたします。

最初に、婚姻生活中に起きてしまった不倫、不貞、浮気というのは、もう片方の配偶者に対しての不法行為となります。
この禁止されている行為を行ったことに対し、損害賠償義務が発生することになります。
具体的に表しますと、相手が不倫、不貞、浮気をしたことで、精神的に苦痛を受けたことについての慰謝料を請求する、ということになります。 
ところが、相手が不倫、不貞、浮気を認めていないというご相談が多く寄せられます。
 この場合、相手が不法行為を起こしているという証拠を確保できなければ、事実が分かっていたとしても認めさせることは難しくなります。

写真やビデオ、録音テープ、電子メール、友人知人の証言、配偶者が残していたメモ、不貞相手からの手紙やプレゼント、ホテルの領収書やクレジットカードの明細など証拠が手元にあるという方は大切に保管しておきましょう。

このように直接的な証拠以外でも、ご依頼者様が不貞行為を疑うきっかけになった状況や事由などがございましたら、お伝えください。

いざ話し合いや裁判となった場合には、有力な証拠となる場合がございます。

また、証拠を確保するための方法や、現在お手元にある証拠で慰謝料請求が出来るのか、といったご相談もお受けいたしますので、当事務所の初回無料相談にてご質問ください。

不倫、不貞、浮気の相手方が,結婚していることを知らなかった,既に夫婦関係が破たんしていたとして主張して慰謝料請求を争うケースもよくありますが,泣き寝入りすることなく、受けた精神的被害の分だけ慰謝料を請求できるよう一緒に最善の方法を考えていきましょう、
話し合いでの解決を目指していく場合では、その都度ご相談いただければ、示談書の書き方などもサポートいたしますのでご安心ください。 

相手側が話し合いに応じない,相手の顔も見たくないという場合には、慰謝料請求のプロである弁護士へお任せ下さい。ますは,内容証明郵便で請求し,相手方と交渉し,相手方から納得のいく金額の提示がない場合には,裁判を提起し,証拠に基づいて適切な慰謝料の獲得を目指します。

ご依頼者様の良き理解者となり、問題解決の手助けをいたします。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 城野総合法律事務所 All Rights Reserved.